私立中学校はいくらかかるか

実際に中学受験をしたいと思っている人たちの中には中学受験を断念しなければならない人たちもいます。
それは、お子さんが、レベルに達していないからでしょうか。それも原因の一つかもしれませんが、中学受験とは、大きくお金が関わってくる問題です。中学受験にお金を出すことの出来ない家庭は当然中学受験を断然せざるを得ません。実際に公立中学校と比較すれば、私立中学校にかかるお金は大きな違いです。更に親御さんは、中学受験以降かかるお金の問題だけを心配している訳ではなく、中学受験以前、塾にかかるお金、家庭教師をお願いするお金の心配までしなければならないのです。
塾、家庭教師などの費用がどの程度かかるかと言えば、もし小学生四年から、塾をつけるとして、小学生四年生は、大体3万円、五年生は、4万円、六年生は、5万円と言った感じです。大体のみなさんが、小学四年より塾に行くケースが多いようです。かかる費用は月謝だけではありません。教材費もかかってくることでしょう。夏季・冬季講習など特別講習に参加する必要もあります。家庭教師の場合は、それよりも高くなる場合が多いです。
中学受験のシミュレーションとして、模試をも受ける必要があります。大体、模試の料金は、5000円前後と言ったものですが、年に何回も受ける必要があります。中学受験となれば、ここに受験料金が更にかかります。大体、2万円から3万円と言った感じでしょうか。この金額を総計したものが中学受験に関わるお金になる訳ですが、部分部分で切り取れば大したことのないお金も、総計すれば、200万円を超える負担額です。しかも問題はここで留まりません。当然、中学受験は合格を意識して、合格したからには、学費という大きな負担が家庭に襲ってくる訳です。一体私立中学校の学費はいくらかかるのでしょうか。
中学受験が受かれば、入学手続きなどとたんに再び事態は慌ただしくなります。このケースは一例です。まず、私立中学校に対して入学金を支払いしなければならないです。30万円程度です。ここで寄付金など更に要求される場合もあるようです。これだけ費用かかる訳ですから敢えて無理に支払いする必要もありませんが。学校で勉強するために、制服、体操着、バッグなど準備しなければならないものもあります。大体そこで10万円程度かかります。最後に授業料のことをお話ししなければならないです。授業料は年間で400,000円程度。教育充実費が、100,000円程度必要。ただし、あくまで一例に過ぎないです。更にあくまでも年間の話であり、入学金、授業料あたりを総額して3年間で、400万円程度かかる中学校もあります。