中学校選びのポイント

あなたのお子さんが中学受験を決めました。さあ、一体どの私立中学校を受験すればいいのでしょうか。
とても大事なことです。中学校、高校と、人間形成の上でもとても大事な時間を過ごします。中高一貫校のメリットを意識する親御さんも多くいるようです。
中学受験は、高校受験よりも難しいと言われ過酷な勉強を要求される訳ですが、中高一貫校なら高校の時には受験に悩まされる必要もありません。敢えて、中学受験を強いるのも、親心なのです。更に私立中学校を選択するポイントは、大学進学への実績です。私立中学校と言っても、独自の校風なため、それほど教育に厳しさがない中学校もあるようです。そのあたりのことは、しっかり見極めて志望校を目指して欲しいものです。
みなさんの多くが考えるのは、「偏差値」です。私立中学校でも偏差値の高い中学校の方がレベルが高いと考えるものです。おおよそ間違った判断ではありません。親御さんがどの私立中学校にいれていいか判らないため、具体的に判りやすく表したものが偏差値でもある訳です。ただし、注意していただきたいのは、無理に偏差値を要求することと、運よく偏差値の高い中学校に入学してしまった時のことです。極度に偏差値によって縛り付けても、お子さんは耐えることが出来なくなってしまうでしょう。そのトラウマをずっと生涯引きずって生きることになります。そういう意味では、まだまだ小学生なのです。無理な追いつめ方は可愛そうです。中学受験で、運良く偏差値の高い中学校に受かることが出来ても、そのままその私立中学校でやっていくことが出来るのかを考えてあげたいものです。
レベルの高い中学校なら、落ち零れてしまう可能性があります。よく聞く話ですが、幾分低い偏差値の中学校に入学して、トップクラスにいるのがいいか、偏差値の高い中学校に入学して、落ち零れが正しい方法かという問題です。中には、落ち零れて地元の中学校へ編入というのも実際にあるケースです。お子さんの心情も理解してあげたいものです。ここにあるのは、お子さんというよりも、親御さんの方にあるより以上の高望みの発想です。中学受験で考えるのは、更に先の受験のことです。それは、中学受験を決めたみなさんの思いです。仕方ないものの、他の部分にも意識を持って中学校の選択をしましょう。
私立中学校には、男子校や女子校もあり、共学校もあります。いろいろな面から中学校を見る必要があります。