中学受験は塾へ通うもの?

もしも中学受験をしようと決めたら、しなければならないのは塾や、家庭教師に習うことです。
中学受験を決定したら、もはや小学校の勉強だけでは明らかに不十分です。これは残念ながら学校のシステムが、まだまだ中学受験のシステムに対応していないせいにあります。中学受験では、小学校で勉強したものよりもプラスαなものが要求されます。メリットはそれだけではなく、進学の情報を、塾や家庭教師から得ることが出来ます。お子さんに塾や家庭教師をつけることによって、方向性が一段と定まることでしょう。そういう意味では、小学校の先生は、中学受験に対していささか頼りない存在なのです。
小学校の先生は、まだ中学校は受験なしで進学するものという意識の先生もおられます。もし、先生と面接する時も、親御さんの方から、中学受験の必要性を積極的に先生に説明する必要もあるかも。
実際に、いつからお子さんは、小学校だけでなく、塾や、家庭教師をつけなければならないかといえば、大体多くは小学四年生からそうしているようです。塾と言ってもいろいろあります。塾の先生とは、みなさんもご存じでしょうが、教員免許を必要となる訳ではありません。なので、塾と言っても、ピンからキリまで、レベルの違いがあります。塾に入れたから大丈夫という意識は禁物です。中学受験のためにお子さんを塾に入れたからには、厳しい言い方になりますが、常に実際にお子さんの成績のレベルが上がっているのかのチェックが必要になって来ます。
まず意識していただきたいのは、その塾が進学塾かどうかです。大手の進学塾にはメリットがあります。塾はどうして評価されるのかと言えば実績なのです。その実績が積み重なったことによって大手の進学塾が作られるのです。大手の塾ほど、進学校に対してのたくさんの情報を抱えていることでしょう。ただし、大手の塾にデメリットがない訳でもありません。大手は、たくさんの生徒を抱えるため、生徒一人一人個別に目が届かなくなってしまう可能性もあります。そこで、注目したいのは、個別指導塾や、家庭教師の発想です。個別指導塾や、家庭教師なら、自分の判らないことがあれば、すぐに質問をして解決することが出来ます。家庭教師の場合も一緒です。更に家庭教師は、通う必要がないので時間のロスがありません。しかし、家庭教師にまで至ると、大手と比較して中学受験の情報が不足している点は否めません。どの方法にもメリットデメリットがあるので計画を変更する目も必要かもしれないですよね。