中学受験では選択すべきは個別指導塾か集団塾か家庭教師か

個別指導塾に一体どういうメリットが存在するのか検証します。
中学受験は既に親御さんの中で塾に行かせなければならないものという意識がしっかり根付いているようです。しかし、ただ塾と言ってもいろいろ種類があり、その中には個別指導塾というものがあります。個別指導塾のメリットとして、相対する集団塾との違いは、苦手分野を把握してもらい、その苦手分野を徹底的に攻略出来ることです。集団塾でもそういう努力はしているものの、やはり一度に大勢の生徒を相手にしているため、個別指導塾のような管理は不可能です。
中学受験にあたり、この不得意分野の攻略が一番大きな問題なのです。それが一番効率の上がる方法です。個別指導塾のメリットは、先生がお子さんの不得意分野を正しく判断してくれるだけではありません。親御さんが、またはお子さんが、先生を選択出来る立場に集団塾以上いることが可能です。
個別指導塾は、集団塾よりも、先生と親御さん、お子さんと相対的に向き合っているメリットがあります。集団塾は、大勢を相手にするため個人のためにはどうしてもカリキュラムの変更は難しいのです。個別指導塾では、先生と親御さん、お子さんが向き合って、今後の学習内容を決定していきます。一方でみなさんご存じの家庭教師がいる訳ですが、家庭教師と比較して、個別指導塾がどうメリットあるのか比較したいと思います。
家庭教師とは、個別指導塾と似た形を取るものの、家庭教師と言ってもいろいろな人たちがそこにはいます。プロから大学生のアルバイトまで様々な形態が家庭教師の実状です。家庭教師のメリットは、個別指導塾と共通する部分もあります。先生によっては、頼ることの出来る身近なアドバイザーにもなってくれることでしょう。個別指導塾と同様にマンツーマン指導です。もしお子さんに判らない問題があれば、家庭教師も徹底的に指導してくれることでしょう。しかし、ここではっきりと言わなければならないことは、家庭教師よりも、個別指導塾の方がレベルが高い可能性があるという点です。
家庭教師でもレベルの高い先生はいるかもしれませんが、幅が広く判りづらいのです。個別指導塾なら、ある基準に達している先生だけがそこに在籍しています。更に中学受験の情報が多く蓄積されているのも、個別指導の方です。家庭教師に通学しないメリットがあるかもしれませんが、自宅で勉強するということもある意味デメリットになるケースもあります。自宅ではなかなか緊張感が持続出来ません。